学びはいかに定着するのか|Learning Pyramid


「学び」を「力」にするのは簡単ではなさそうだ。一方向の情報収集で得られる内容は、意外にも力として定着しない。学習内容の定着には、デモンストレーション、双方向性のディスカッション、シミュレーションでの体験がやはり有効そうだ。手術でも、教育でも、研究でも「やってみる」に勝るものはない。


そして、「教える」ことでの「力」として確立されていくのも納得である。「教える」ことは「最高の学び」である。「他の人に教える」は、研修会や講義といったものだけではなく、インターネットの進歩により多様性を増している。


「教える≒アウトプット」とするならば、SNSやブログなどの媒体での情報発信も、広義な意味で「教える」ことになるのではないだろうか。溢れる情報に容易にアクセスできる時代からこそ、アウトプットには責任を持ちたい。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示