Adult Learning Theory|成人学習理論


成人教育学(Andragogy)は、主に児童を対象とした教育学(Pedagogy)と区別され発達してきた。医学教育の対象者は成人であることから、成人学習理論を理解することが求められる。 成人学習理論では、学習者の特徴として以下が挙げられる。

  • 自己管理・自己決定的である 興味のないことはできない…

  • 学習者の人生経験が影響する

  • 学習者の立場や社会的役割が、学習に対する構えを構成する

  • 学習内容が問題解決・課題達成中心的である

  • 学習した内容について、応用の即時性を求める

学習者の特徴を理解した上で、教育者・指導者の役割として以下が求められている。

  • 診断的機能 学習者のニーズの診断を支援する

  • 計画的機能 学習者とともに望ましい学習計画を立てる

  • 動機つけ機能 学習者のモチベーションを高める

  • 情報提供的機能 人的、物的資源を提唱する

  • 方法論的機能 効果的な方法、技法を選択する

  • 評価的機能 学習者が学習成果を評価するのを援助する

成人学習理論に基づき開発されたプログラムとしては、「ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)」が代表的である。成人学習理論における「学習者の特徴」と「教育者・指導者の役割」を意識して指導に活かしたい。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示