Gartnerの「ハイプ・サイクル」

新たなテクノロジーが登場した時、その成熟度の経過に関する理論がガートナーの「ハイプサイクル(Hype Cycles)」である。Computer vision/ machine learningは過度な期待に近づく「黎明期」、VR/AR技術は端末や通信インフラの発達による「啓発期」、手術支援ロボットは「安定期」と言えるかもしれない。新たな技術の普及や費用対効果について考える際に参考になる。

  • 黎明期: 潜在的技術革新により始まります。初期の概念実証 (POC) にまつわる話やメディア報道によって、大きな注目が集まります。多くの場合、使用可能な製品は存在せず、実用化の可能性は証明されていない状態。

  • 「過度な期待」のピーク期: 初期は、多様なサクセスストーリーが紹介されますが、失敗を伴うものも少なくない。行動を起こす企業もありますが、多くはなく、公的研究費の獲得が重要となります。

  • 幻滅期: 実験や実装で成果が出ないため、関心は薄れます。テクノロジーの創造者らは再編されるか失敗となる。生き残ったプロバイダーが早期採用者の満足のいくように製品を改善した場合、投資は継続します。

  • 啓発期:テクノロジが企業にどのようなメリットをもたらすのかを示す具体的な事例が増え始め、理解が広がる時期。第2世代と第3世代の製品が登場します。パイロットに資金提供する企業が増えるが、保守的な企業は慎重なまま。

  • 安定期: 広く普及し、採用が広がります。継続発展性を評価する基準がより明確に定義され、適用可能な範囲と関連性が広がり、投資が確実に回収されていきます。


関連記事イノベーター理論


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示