top of page

Journal Club_Pancreas

公開·4名のメンバー

Sho Sekiya


Thrombelastography as a Prognostic Tool in Adenocarcinoma of the Pancreasbackground: thromboelastograpy (TEG) angleの増加が癌悪性度と関わっていることが報告されているが、膵がん患者の術前TEG angleが予後予測因子となるかは不明

M: 後ろ向きコホートresults: 膵がん47例で早期再発(16例)とTEGについてROC curveを作成すると、TEG angle>43でAUC=0.72となった。

これをcut offとするとelevated TEGはDFS, OSが不良だった。TEGの上昇は術後の血栓性合併症と関連がなかった。私見:気になって読みました、TEGが血栓性合併症関連の予測因子と勘違いして上記コメントをしましたが、予後予測因子になりうるんですね。重要なのはTEGが血栓と関係なく、tumor biologyに関わっている可能性があるということだと思います。nが少ないのでなんとも言えないですし、ここらは基礎研究などの報告も併せて検索したいところです。

グループについて

グループへようこそ!他のメンバーと交流したり、最新情報をチェックしたり、動画をシェアすることもできます。
bottom of page