よいリサーチクエッションとは?


よいリサーチ・クエスチョンの条件として”FINER”が提唱されている。医学教育研究にも応用できる概念なので、”FINER”に自分のリサーチ・クエスションを当てはめて考えてみよう。

  • Feasible:実行可能である

  • Interesting:興味深い

  • Novel:新規性がある

  • Ethical:倫理的に許容される

  • Relevant:社会に求められている(切実である)

さらに、Measurerable(測定可能である), Modifirable(要因やアウトカムは変えられるか), Structured(構造化されている), Specific(具体的である)が概念として追加された、京都大学の福原氏らが提唱する”FIRM2NESS”をチェックしてみよう。


研究成果により診療や教育現場を変えたり、制度や政策を動かすような研究に従事したいものである。

(参考)

  1. Stephen B. Hulley et al. Designing Clinical Research: An Epidemiologic Approach (2001).

  2. 福原俊一ら. リサーチ・クエスチョンの作り方(2008)

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

臨床研究(clinical research)とは、一般化できる知識の開発、あるいは知識への貢献のためにデザインされた人の健康や疾病に関する体系的な研究活動である。より狭義な意味を有する臨床試験(clinical trial)の目的は、仮説を検証し、一般化可能な結論づけを可能にする活動を通じて、人の健康と疾病を理解するために、そして疾病を予防・診断・治療するための安全かつ効果的な介入を開発すること