リサーチ・クエスチョンを磨く


よいリサーチ・クエスチョン(RQ)とはどのようなものだろうか。RQの決定は、これから研究を始める初学者には最も難解な作業だが、研究実施に先立ち行う最も重要な意思決定である。


リサーチ・クエスチョンを評価する指標として、FINERやFIRM2NESSが知られているが、研究初学者にとってFeasible(実施可能性)が、Relevant(必要とされているか≒切実か)かどうかを判断するのは難しい。まず、無理である。ただし、文献検索や臨床研究であれば公開データベース等を用いて、Novel(新規性)やIntersting(興味深いか)については調べられる。


これまでの研究を調べることで新規性はある程度担保される。ただし、文献検索スキルを駆使して、徹底的に調べることが重要である。思いつくアイデアは、世界のどこかで同じように考えられていると思った方がいい。興味深いかどうかは、論文数や掲載ジャーナル、学会発表等のトレンドをキャッチするといい。既存研究の報告数は、研究テーマの関心の高さや重要性を反映する指標と言っていい。


一方、Relevantの判断は初学者には難しい。近道は、興味をもつ領域のトップ研究者に聞くことである。自身の指導者が、世界でどのような存在であるかが重要である。研究者同士の交流、学会での活動が明暗を分ける鍵となることもある。


研究者(初学者)のひらめきと下調べ、指導者の力がすべて揃った時に、リサーチ・クエスチョンは輝くのである。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

臨床研究(clinical research)とは、一般化できる知識の開発、あるいは知識への貢献のためにデザインされた人の健康や疾病に関する体系的な研究活動である。より狭義な意味を有する臨床試験(clinical trial)の目的は、仮説を検証し、一般化可能な結論づけを可能にする活動を通じて、人の健康と疾病を理解するために、そして疾病を予防・診断・治療するための安全かつ効果的な介入を開発すること