Factors Predicting Response, Perioperative Outcomes, and Survival

Annals of Surgery. 2021 Feb 1

Factors Predicting Response, Perioperative Outcomes, and Survival Following Total Neoadjuvant Therapy for Borderline/Locally Advanced Pancreatic Cancer

Mark JT, et al. Mayo Clinic College of Medicine, Rochester, US


Objective

術前補助化学療法(TNT)を受けたBR/LAの膵がん患者における合併症、術後死亡、生存率に関連する予測因子の同定


Method

2010-2017年、TNTを受けたBR/LA患者194症例 (BR 123例(63%)、LA 71例(37%)


Results

FOLFIRINOX 165例(85%)、GnP 65例(34%)、36例 (19%)にレジメンの変更あり。

術関連死を除くmedian RFS (OS)は23.5 (58.8)ヶ月で、1,2,3年間でそれぞれ65 (96)%、48 (78)%、32 (62)%だった。

生存率に画像上のdown-staging、血管合切、レジメンとその変更は寄与せず。

独立した予後予測因子は長期のケモ(>6 cycles)、ケモ後のCA 19-9の反応性(<37U/ml)、組織学的奏功(CAP criteria 0 or 1)の3つだった。


コメント

目新しい知見ではありませんが、しっかり化学療法が入れば画像上の評価やレジメンは無関係、マーカーの反応性はある程度信頼できる、というあたりがメッセージだろう。予測因子の数できれいに生存曲線が層別化できています。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Annals of Surgery. 2021 Mar 1 Surgery Improves Survival After Neoadjuvant Therapy for Borderline and Locally Advanced Pancreatic Cancer: A Single Institution Experience Rangelova E. et al. Karolinska