top of page

プレゼンスキルと「メラビアンの法則 7-38-55」


メラビアンの法則は、コミュニケーションにおける非言語的要素の重要性を示す心理学の理論で、1971年に心理学者アルバート・メラビアンによって提唱された。


メラビアンの法則によると、メッセージの伝達は以下とされるが、重要なのは言語情報、聴覚情報、視覚情報を一貫性をもって用いることである。

  • 言語情報が7%:口頭での言語

  • 聴覚情報が38%:声の質、イントネーションなど

  • 視覚情報が55%:体の動き、表情、ジェスチャーなど

メラビアンの法則がすべてのコミュニケーションに一律に適用されるわけではないが、言葉、声のトーン、視覚情報(非言語的要素)の重要性は疑う余地がないのでは。言語情報が7%と限定的なのは、態度と発言(言葉の意味)に矛盾がある非常に限定的な状況でのみ当てはまるので、「内容より見た目が重要」といった誤解釈には注意したい。


プレゼンターが単に言葉だけでなく、声のトーンや間のとり方、身体言語や適切なイメージを使うことで、聴衆の関心を引きつけ、メッセージをより効果的に伝えることができることを意味する。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page